結婚式を挙げないカップルに人気のフォトウェディング!魅力や料金相場などご紹介

当サイトは結婚式を挙げないカップルに人気のフォトウェディングに関する情報を解説しています。
魅力から料金相場などまで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
写真だけのウェディングにはどんなメリットがあるのか、疑問を持っている人にもお勧めです。
写真だけのウェディングの費用相場はどのくらいなのかも解説しています。
これから結婚式代わりに写真撮影をしたいという場合には、予め情報を集めて調べておくことをおすすめします。

結婚式を挙げないカップルに人気のフォトウェディング!魅力や料金相場などご紹介

結婚式をしない代わりにフォトウェディングをすることを計画しているカップルもいるのではないでしょうか。
近年人気のフォトウェディングの魅力は、本格的なウェディングの趣きある結婚写真を撮れるということが挙げられます。
ウェディングドレスや和装を身に着けて、本格的なスタジオや屋外のロケーションで撮影可能です。
料金相場は一般的には5万円から20万円ほどといわれています。
写真のカット数やドレスの枚数によって料金は異なっています。

人気のフォトウェディングとは?概要や魅力について

現在人気の高い結婚式スタイルの一つであるフォトウェディングとは、フォト婚とも呼ばれていますが、結婚式を行う予定のないカップルが結婚の記念写真を撮影するものです。
新郎新婦2人だけで撮影するケースもあれば、両家の両親も含めた家族や友人、ペットと一緒に撮影することも可能です。
では、フォトウェディングにはあらゆる魅力があります。
一番の魅力は、費用がリーズナブルな点と手間や時間がかからない点です。
結婚式は式の準備にかなりの時間がかかりますし、打ち合わせも何回か必要になりますが、フォトウェディングの場合は打ち合わせ回数が1,2回もしくは不要な所もあり、手間はかかりません。
また費用も結婚式には200~300万円ほどかかるものの、フォトウェディングは15万円~20万円ほどで済ませることができるために費用を抑えたいカップルにお勧めです。
また近年は年齢によっては結婚した年齢が高かったために式を断念されたり、おめでた婚でやむを得ず式を断念される方も少なくありません。
フォトウェディングとは形だけ残すことができます。
そのため、記念となる事から式は挙げられなくても新婚の思い出を残すことが出来る上で楽しい思い出にもなりますし、両家のご両親も参加してもらう事で喜んで頂けることでしょう。

フォトウェディングはおしゃれな会場で!

本来であれば結婚式を挙げて披露宴で多くの方にお祝いをしてもらいたいところですが、コロナウィルスが流行してしまっている背景もありますので、結婚式を挙げずにフォトウェディングですますカップルも増えている傾向が見られます。
実際には式が挙げられないし披露宴ができないけれど、雰囲気はしっかりと楽しんで残すことができますし、フォトウェディングであればチャペルや式場などで実際にシチュエーション撮影をすることも可能です。
その方が時間的にはゆっくり取ることができいてよかったと言う体験談も寄せられています。
料金やプランはそれぞれのスタジオやカメラマンとの契約で変わってきますし、衣装レンタルの件も絡んできますので入念にうちあわせをしたり見積もりを取ることをお勧めします。
おしゃれで素敵なチャペルで撮影することも可能ですし、結婚式が挙げられなかったと落ち込んでいる必要はありません。
思いっきり素敵な写真を撮りましょう。

ウエディングドレスでフォトウェディング

結婚式を挙げたいけれど、コロナウィルスの影響もあって思うようにプランが組めないと悩んでいるカップルは多いです。
中止にしてしまったと言うケースも少なくありませんが、一生に一度のウェディングドレス姿を形にして残したいと言うことであれば、ウェディングフォトを利用するのがおすすめです。
フォトウェディングで圧倒的に人気があるのは純白のドレスです。
場合によっては結婚式を挙げて、なおかつフォトウェディングもと言うケースもあるでしょう。
その場合は結婚式でドレスをきたから写真撮影時には白無垢や色打ち掛けを選ぶと言う選択肢もあります。
どちらも写真に残すことができますし、白無垢もドレスもそのときにしか着られませんので選ぶ価値があるでしょう。
純白のドレスは様々なデザインがありますし、シンプルなものから少し凝ったものもあるのでお好みに合わせて選んで写真撮影に臨むことが出来ます。
場合によっては持ち込むこともできますので相談してみましょう。

色打掛や白無垢を着て和装フォトウェディング

結婚式を挙げたり披露宴を開催したいけれど、コロナウィルスが流行していることで躊躇していたり中止するカップルがふえていえるけいこうがみられます。
そんな場合でも、思い出にはしっかりとのこしたいものですし、例えば憧れのドレスも良いけれど予算が余った分色打ちかけや白無垢での撮影に臨むと言うのもありです。
結婚式でドレスを着用したから、ウェディングフォトで色打ちかけや白無垢を選ぶのもよいですし、日本の文化や伝統を感じることができ情緒あふれる写真が完成することでしょう。
フォトウェディングで和服を選ぶと、写真映えしますし少し個性的な印象になるメリットもあります。
年賀状でもフォトウェディングで撮影した写真を使うことができますし、ゆっくりと時間をかけて撮影した写真ですので満足度も高くてよかったという声も多く寄せられています。
スタジオによって取り扱われている衣裳の種類や数などもことなりますので、事前に確認しておきましょう。

フォトウェディングは屋外の好きな場所で撮影できる

一般的な結婚式はできないが、フォトウェディングをしようと考えているカップルが増えています。チャペル風のスタジオなどで結婚式をしているかのような写真を撮影できますし、費用が抑えられていることも人気の理由です。
結婚式は300万円から400万円くらいかかりますが、フォトウェディングであれば20万円ほどで行うことができます。
また、好きな景色を背景にするなど好きなところで撮影できることも特徴です。
思い出の場所や綺麗な海など自由に指定して撮影することが可能です。
屋外で撮影する場合は出張費用がかかりますが、そこまで高くないので許容できると思われます。
フォトウェディング会社も様々なところがあるので、よくリサーチしてから決めることが重要です。
スタジオのクオリティやカメラマンの技術力、スタッフが親切に対応してくれるなど重視するべきポイントが多くあります。
費用の安さだけで決めるのではなく、信頼して任せられるところに依頼するべきです。

フォトウェディングはウェルカムボードでも活用できる

フォトウェディングを前撮りで撮影をするときには、様々なメリットがあります。
そこで撮影したデータは、例えばウェルカムボードで使う写真に活用することも出来ますし、年賀状であったり結婚の報告ハガキで使うことも出来るでしょう。
アルバムを作ったりする方も多いですが、色々な使い道がありますので検討してみる事をお勧めします。
結婚式や披露宴当日はかなりバタバタしてしまうことになりますし、撮影にゆっくりと時間を割くことは困難です。
式や披露宴が始まる前の時間を利用して前撮りを少しするということや、終了後に時間を取ってという事は少しは出来ますが、イメージ通りにいかないこともあります。
フォトウェディングの前撮りであれば、思い通りの写真が撮れるでしょうし、ゆっくり時間に余裕をもって出来ます。
さらに衣装も式当日が洋装の場合、フォトウェディングでは和装を選択するという楽しさも有りますし色々な方向で検討してみると良いです。

前撮りフォトウェディングならポーズも自由

結婚式の写真を、式や披露宴の当日だけで撮影をしようと思うとなかなか時間もとれませんしバタつきます。
当然理想のイメージがあったとしても、ポーズなども全て実行するのは困難ですしもっと写真を撮りたいと思っても時間が限られていますのでそれが出来ないことも多いです。
その点前撮りなどでフォトウェディングをするとなれば話は別です。
今はコロナ禍ということもありますので、式を行わずにフォトウェディングだけで済ませるという方も増えている傾向がみられます。
それでもドレスや和装などで衣装はばっちりきめられますし、臨場感あふれる写真がとれます。
場合によってはシチュエーション撮影をする方もいますし、希望の場所で出来る場合も有りますのでスタジオで確認をしてみると良いです。
料金プランはかなりばらつきがありますし、それぞれのスタジオで設定も異なります。
そのため安いという理由だけで決めてしまうのではなく、トータルで決めるのが理想です。

チャペルで撮影出来るフォトウェディングは思い出に残る

フォトウェディングの場合は、色々な写真を撮影することが出来ます。
当日のみとしてしまいますと、かなり慌ただしいですしチャペルでもあまりゆっくり時間をとることが出来ないうえに、招待している方たちも常に一緒にいることになりますので思い通りのポーズをとったりということも出来ないでしょう。
その時の思い出をおさめるという意味では良いかもしれませんが、やはりフォトウェディングであればメリットが沢山ありますので選ぶ価値が有ります。
特にチャペルでの撮影は、ゆっくりと時間をかけて理想のイメージに合わせて撮っていきたいと希望される方は多いです。
実際に式を挙げるところでというのも出来るか相談してみると良いですが、結婚式場として設定されている場合はかなり日時や時間帯も限られてくることが想定されます。
色々なフォトウェディングの形がありますし、どこまでをお願いするかによっても料金プランは違ってきますので検討していきましょう。

プランが色々あるフォトウェディングはお勧め

コロナ禍ということもありますし、結婚式を挙げたいけれどそれが出来ないというカップルも今はとても多いです。
そういったご時世だからこそ、結婚式の思い出を形に残したいという事で、式は挙げずにフォトウェディングで済ませるという方も増えています。
様々なプランがありますし、シチュエーション撮影が出来るフォトウェディングであればより自然で素敵な写真を撮ることが出来るでしょう。
もちろん料金システムも色々なスタジオで違ってきますし、比較をして検討することが求められます。
安ければ良いという事ではありませんし、条件を揃えて色々な方向から検討してみる事をお勧めします。
フォトウェディングの場合は、基本的には衣装レンタルは含まれていることが多いですが、和装の場合は追加料金が発生することも想定されますし、和装と洋装と両方のプランというのが用意されていることも有ります。
それぞれのカップルのニーズに合ったスタジオを選んでいきましょう。

友人参加型のフォトウェディングをする魅力やメリット

結婚式をしない代わりにフォトウェディングをするときには、カップル2人だけで済ませるのは寂しいと思う人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、2人にとっての大切な友人も呼んで一緒に撮影をすると良いかもしれません。
フォトスタジオによって様々なプランがありプラン内容によっても異なりますが、時間内なら友人と一緒でも別料金が発生しないこともあります。
友人参加型のフォトウェディングでは、新郎新婦がタキシードやウェディングドレスを着用するだけでなく友人たちもお洒落をして参加することが多いです。
お洒落なハウススタジオを利用したり、ロケーション撮影をしたりするのもおすすめです。
フォトウェディングをした後には、食事会などをして交流を深めるのも良いかも知れません。
このようなフォトウェディングは、結婚式をしないカップルにとってもいい思い出作りに役立つでしょう。
後から見返しても楽しい写真を撮ることができそうです。

スマート婚ブームでフォトウェディングが人気

昨今日本の経緯材は最悪の事態をむかえていると言われています。
それはバブル崩壊後三十年以上にわたってデフレ経済から脱却できず、サラリーマンの年収が一向に上がって居ないのです。
むしろ税金はあがる一方で、この三十年で手取り額は減少の一途をたどって居ることに成ります。
それゆえ若い人が結婚しようと思っても結婚費用を十分ねん出することはできません。
節約志向でスマート婚を行おうとするカップルが年々急増中です。
スマート婚の中にはフォトウェディングと言うものがあります。
フォトウェディングは実際の披露宴会場で挙式や披露宴を行わず、写真撮影だけで済ませてしまう新たな結婚のスタイルです。
最近では新郎新婦だけが撮影に臨むのではなく、家族や友人も参加して撮影することが出来るように成って居ます。
その為実際の披露宴のようににぎやかにフォトウェディングが行えるようにもなって居るのです。
ロケーション撮影も豊富であり、チャペルや神社前で撮影も可能です。

フォトウェディングのカメラマンに求められる要素

フォトウェディングを担当するカメラマンに求められる要素はたくさんあります。
たとえば、さまざまなロケーションで撮影した経験があることもその一つです。
結婚式場やチャペルで撮影するだけだと思われがちですが、実際には新郎新婦が希望するシチュエーションで行うこともよくあります。
二人が出会ったスポットや初めてデートをした街など、数えきれないほど多くのパターンがあるのです。
したがって、結婚式場でしか働いたことがない場合、要望に完全に応えるのは難しいかもしれません。
また、人物を撮り慣れていることも大切な要素もとなっています。
撮影する写真の九割以上が人物像であり、一瞬の笑顔なども逃すわけにはいきません。
通常の結婚式とは違って撮り直すチャンスはありますが、それでも一度で決めるのがプロというものです。
何度も行っていると、その分だけフォトウェディングの終了時刻が遅くなってしまいます。
つまり、スケジュールどおり進められる能力もポイントです。

フォトウェディングはロケーション撮影もおすすめ

結婚式を挙げない代わりに写真撮影をするフォトウェディングには、どこの場所を利用しようかと迷っている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には屋外でロケーション撮影をするのもおすすめです。スタジオでの撮影も良いですが、屋外だと季節感のあるフォトウェディングをすることが出来るというメリットがあります。
背景に木々や花などを写りこませることで、四季折々の表情を感じる写真を撮ることが可能です。
また衣装と調和する場所でロケーション撮影をすると、世界観のある写真にすることが出来るという魅力もあります。
例えば和装で寺社や古い町並みで撮影をすれば、和風の写真が撮れるでしょう。
洋装で日本風の建物を背景にすると、和洋折衷でレトロな雰囲気を演出できます。
タキシードやウェディングドレスなどの洋装なら、チャペルや洋館で撮影するのもおすすめです。
このようにフォトウェディングなら、様々なロケーションで撮影ができます。

フォトウェディングの場所選びに迷ったときには

フォトウェディングをどこで行うべきか迷う人は多いのではないでしょうか。
場所選びの自由度が高いフォトウェディング、大きく分けるとスタジオ内と屋外ロケーションが考えられます。
フォトスタジオは写真撮影用に造られている施設で、照明や空調などが整っています。
背景紙が用意されていたり、セットのようなハウススタジオが利用できたりするのが特徴です。
天候や季節に左右されることなく、いつでも同じ品質の写真が撮れます。
ロケーション撮影は屋外の様々なところが撮影場所になるのが特徴です。
自然の植物を写りこませることで、季節感の表現が可能です。
思い出のスポットや好きなところなど、2人の好みに合わせて撮影スポットを選んでフォトウェディングをすると良いでしょう。
ただし事前に許可を取る必要があるケースには注意が必要です。
また天候によっては思い通りの写真が撮れないこともあります。
それから季節を考えて衣装を選ぶことも大事になります。

フォトウェディングで和装や洋装のそれぞれの魅力

フォトウェディングは結婚式の中でも新たなスタイルであり、多く選ばれている結婚式スタイルの1つといえます。
実際にフォトウェディングでは様々な衣装を楽しむ事が出来ますが、和装や洋装それぞれの魅力を把握しておくことも重要です。
和装の場合は日本の伝統的な着物を楽しむ事ができ、豪華さのある写真にする事が出来ます。
結婚式の白無垢だけでなく色打掛など、様々な魅力を引き出す事が可能です。
豊富なバリエーションがあるだけでなく、季節感も演出する事ができるのも特徴となります。
洋装の場合はエレガントだけでなくモダンな雰囲気を演出する事ができ、より豪華な写真を撮影する事が可能です。
ドレス自体の種類やデザインも豊富にあるので、個人の好みやスタイルなどを活かす事が出来ます。
ロケーションや季節が変わってもシチュエーションに合わせやすいからこそ、様々な場面で取り入れやすいのも強みです。
和装や洋装にはそれぞれの魅力があるからこそ、より特別な写真を撮影する事が出来ます。

フォトウェディングで選ばれる事が多い人気シーズン

フォトウェディングは結婚式とは異なり、新郎新婦が希望する衣装を楽しみながら写真を撮影する事が可能です。
衣装だけでなくロケ-ションも選ぶ事ができるので、特別な写真を残せるのが魅力でもあります。
実際にフォトウェディングを行う上で人気シーズンがあり、それぞれの魅力を活かす事が可能です。
人気のシーズンとして春があり、3月から5月頃が多く選ばれています。
日本では春は桜を楽しめる季節になるので、ロケーション撮影の際には桜をバックにした撮影を希望するケースがとても多いです。
次に秋の季節となる9月から11月があり、写真の演出で紅葉を取り入れる傾向がとても多くあります。
花とはまた違った色づきを見せるカラフルな紅葉を背に、洋装や和装それぞれの魅力を活かした写真にするr事ができるのが強みです。
また選ばれる理由として桜や紅葉といった景色が美しい時期というだけでなく、雨が少ないという点もあります。
ロケーションの場合は雨が降ってしまうと撮影がむずかしいので、雨が少ない季節も人気の1つです。

フォトウェディングを行う際のかかる時間の見積もりについて

フォトウェディングとは、結婚式当日ではなく結婚前のタイミングで行う結婚写真撮影のことです。
最近では、結婚式を挙げないカップルや結婚式後の記念として行うカップルが増えています。
フォトウェディングを行う際には、撮影の場所や衣装や時間などによって費用が異なります。
その中でも概略でかかる時間は事前に把握しておくことが大切です。
撮影時間は、基本として3~4時間程度が目安となります。
衣装が1種類の場合は1.5~2時間程度で、洋装と和装の両方を行う場合は3~4時間程度です。
時間は、場所や内容により異なります。
スタジオの場合は、移動時間や準備時間などを含めて3~4時間程度が目安です。
ロケーションの場合は、移動時間や着替え時間なども含めて5~7時間程度の場合もあります。
ヘアメイクや着付けは、内容で時間が変わります。
洋装の場合はヘアメイクと着付けで1~2時間程度、和装の場合は2~3時間程度の場合もあります。
スタジオ利用の場合は、移動時間はほとんどありません。
ロケーションの場合は、適した場所までの移動時間やそこで着替える時間などが必要となります。

フォトウェディングにブーケや小物を添えて理想の写真を叶えよう

フォトウェディングは結婚式本番とは異なるリラックスした雰囲気で、自分たちらしいウェディングフォトを残すことができる人気の撮影スタイルです。
そんなフォトウェディングをより華やかで印象に仕上げてくれるブーケや小物を用いてみてはどうでしょうか。
ブーケは、ウェディングフォトの定番アイテムのひとつです。
ブーケの種類や色、サイズによって、写真の印象は大きく変わります。
まるみのあるラウンドブーケ、手に握りやすい形のクラッチブーケです。
腕にかけるようにして持つアームブーケなどがあります。
小物はティアラが人気で王道のウェディング小物です。
クラシカルで華やかな印象を演出してくれます。フェミニンな印象のベール、エレガントな雰囲気になるグローブもお勧めです。
これらのフォトウェディングのブーケや小物は、自分たちらしさを表現するための大切なアイテムになります。
お二人の理想の写真を叶えるために、じっくりと検討して選んでみてはどうでしょうか。

フォトウェディングのポーズ指定の取り入れ方

フォトウェディングは結婚式当日とはまた違った雰囲気の写真を二人の幸せの記念に残すことができる特別な機会です。
そんなフォトウェディングで、より理想的な思い出を残すために、ポーズ指定を検討している方も多いのではないでしょうか。
ポーズ指定は、どう取り入れればいいのかわからないという方も多いかもしれません。
まずは、自分がどんな写真を撮りたいのか、希望のイメージを明確にすることが大事です。
例えば明るくて笑顔の自然な写真、そしてロマンチックな雰囲気の写真、ユニークな二人の個性を表現した写真などがあります。
どんなイメージにしたいのかを決めておくと、ポーズの指定がしやすくなります。
ポーズ集やSNSを参考にするのが良い方法です。
定番のポーズやアレンジされたもの、おもしろ系のポーズまで、さまざまな種類が掲載されているので参考になります。
最後に、イメージするポープをカメラマンと相談すると、よいアドバイスももらえます。
プロの目線で二人の魅力を引き出すポーズを提案してくれます。

フォトウェディングに関する情報サイト
フォトウェディングの魅力

当サイトは結婚式を挙げないカップルに人気のフォトウェディングに関する情報を解説しています。魅力から料金相場などまで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。写真だけのウェディングにはどんなメリットがあるのか、疑問を持っている人にもお勧めです。写真だけのウェディングの費用相場はどのくらいなのかも解説しています。これから結婚式代わりに写真撮影をしたいという場合には、予め情報を集めて調べておくことをおすすめします。

Search

更新情報